2011年04月22日

少し売り時でロング有利の感がありました。

前回の取引のオープンの米ドル円は82.231円の買い価格で、少し売り時でロング有利の感がありました。


ひきつづき、一目均衡表の分厚いクモを天井に高値圏で推移していましたが、新値足が陽転したことで天井を維持するか注目しています。


1時間足のローソク足から考慮してみると、はっきりとした暴騰が少し続いた後、陰線がはっきりとした暴騰の真ん中くらいまで下落したかぶせ線で、過去5時間前までに酒田五法の三法のような兆候があります。


単移動平均で様子を確認してみると下降にあります。


短期平均が20日平均線より下部で移動しており、どちらの移動平均線とも明らかな下落基調です。


下値は一目均衡表の薄いクモや20SMAが抵抗線として推移しました。


この後の為替チャートの推移は細心の注意が必要です。


《FX初心者》元金融OLが失敗したFXの原因のまとめ
【外為】FXの初心者でも安心のFX徹底入門です。
http://fxg.jp

posted by 夜猫 at 10:33| FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。