2009年09月11日

30日移動平均線ははっきりとした下落傾向です。

昨日のマーケットインは米ドル/円が一時93.22円まで上昇し、三兵を示して予想しやすいチャートを形成しました。


5分足のローソク足を見てみると、緩やかな下降傾向が長く続いた後、陰線が緩やかな下降傾向の中腹くらいまで下落したかぶせ線で、過去2時間中にに酒田五法で言うところの三川に見える兆候が見えます。


ローソク足が陽転したことで、長中期BOX相場の下限が視野に入ってきます。


ひきつづき、20日移動平均線をレジスタンスラインに高い価格帯でもみ合いしていましたが、ローソク足が陽転したことで、短いBOX相場の下限が見えてきます。


移動平均線で傾向を確認してみると明らかな下落状況と見受けられます。


10日平均が30日移動平均線より上で移動しており、10日平均ははっきりとした上昇傾向で、30日移動平均線ははっきりとした下落傾向です。


取引の結果を思うと、売買すべきか悩みどころです。


スローストキャスティクスから予測すると、50%以上の部分で%Dが%Kを交差する間際で、陽転がもうすぐきそうです


こういうチャートはあれこれ迷わず売買だと思いました。


この後のチャートの動向は注目です。


posted by 夜猫 at 04:33| FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。